ダイエットと食事

あまり聞かないけどビタミンEってなに?効能・効果はあるの?主な食べ物も紹介!

更新日:

ビタミンE

2種類のビタミン

ビタミンは大きく分けると2つに分けることができます。

1.水溶性ビタミン:主なものとしてビタミンB、ビタミンC

2.脂溶性ビタミン:主なものとしてビタミンA、ビタミンD、ビタミンE

 

ビタミンEとは?

トコフェロノールとも呼ばれています。

このトコフェロノールはα、β、γ、δの4種類があり、左のαほど強い作用があります。
ビタミンEは2の脂溶性ビタミンに分類されるため、過剰摂取には注意をする必要があります。

ビタミンEの効能・効果

・強い抗酸化作用
→酸化障害から守ってくれます。

・赤血球の溶血の防止
→赤血球が破壊されるのを防いでくれます。

・健康維持
→血中コレステロールを抑制してくれたり、老化防止に効果があると言われています。

・不足すると生体膜で機能障害を生じたり、不妊症の原因にもなると言われています。

ビタミンEは食べるほど身体によさそうではありますが、脂溶性ビタミンなので過剰摂取には注意が必要です。摂取量については平均的な摂取量は実はすでに基準を満たしているのです。

 

過剰摂取には注意が必要

先ほど過剰摂取しないように注意をしましょうといいましたが、通常の食生活においてはそう過剰摂取になることはないでしょう。

ただし、あまりに偏った食事をしたり、サプリメントによってビタミンEを摂取する場合は特に注意をする必要があります。

 

過剰摂取をしてしまうと出血になりがちでその数値が上昇したり、血液が止まりにくくなったり、骨粗しょう症になるという結果が報告されています。(通常の食事では発症しない)

 

ビタミンEの多い食品

魚・魚介類

あんこうの肝13.8
いくら9.1
鮎8.2
明太子6.5
うなぎ4.9
はまち4.1
かに3.0~3.8
うに3.6
ツナ缶(油漬け)2.8

 

豆類

アーモンド29.4
落花生10.8
ピーナッツバター4.8

 

野菜

大根(葉)4.9
かぼちゃ4.7
赤ピーマン4.3
パセリ3.3
にら2.5
ほうれん草2.1
かいわれ大根2.1

 

油12~27
マーガリン15.1
マヨネーズ14.7
ポテトチップス6.2
コーンスナック3.7
ポップコーン3

 

ビタミンE おわりに

脂溶性ビタミンなので熱に強く料理はしやすいでしょう。
ただし、実は光に弱いので保存する場合は注意をするようにしましょう。

植物油に多く含まれているので通常は不足することはないといわれています。

 

食べ物すべてが体内においてビタミンEを摂取するのではなく、食品の吸収率によって違ってきます。ただ、この吸収率は50%だったり、80%といわれたり20%などといろいろ言われています。

ビタミンEを多く摂取すると、動脈疾患を発症する・しない、死亡率が高くなるなどいろいろあり、また、骨粗しょう症についても動物実験においてのデータであり、臨床データの裏づけではないなどビタミンEについては不明なところがあります。

 

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。 特徴だけでなく口コミによる【本音】のダイエット効果、味、体調面を公開! また、飲み方や成分、激安はamazon?公式なのかとい ...

2

優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 何か信じられない話かもしれませんが、ダイエットはファスティングと呼ばれる断食です。 ダイエットの効果はどうなの? 味はまずい ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。   ダイエットを効果的にする「方法」「 ...

4

目次1 『生漢煎』防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)1.1 商品の特徴1.2 生漢煎防風通聖散の飲み方1.3 生漢煎防風通聖散の成分1.4 こんな人におすすめ1.5 次に当てはまる人 ...

-ダイエットと食事

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.