ダイエットと効果

お茶にダイエットの効果はあるのか?

更新日:

お茶とダイエットの関係とその効果

今回は身近にある「お茶」をテーマにして、お茶とダイエットについてお話をしたいと思います。

 

お茶ダイエットの効果

あまり「お茶ダイエット」は聞きませんが、特保のお茶で脂肪を減らそうみたいなものはありますよね。それではこういったお茶を飲むとダイエットの効果はあるのでしょうか?

また、ダイエットの効果があるのかどうなのか以外にもお茶の隠れた力をみてみましょう。

お茶にもいろいろありますが、中でもカフェインがある緑茶を飲む人は多いでしょう。

 

カフェインの効果と作用

①覚せい作用
②皮下脂肪燃焼効果
③利尿作用
④脳細胞動脈収縮作用

 

①覚せい作用

カフェインを取りすぎると興奮状態になるのはご存知の方も多いでしょう。

国内ではカフェインをとりすぎて死亡したことはあまりありませんが、国外においては結構あったりします。

カフェインが強すぎると、死亡とまではいかないにしてもそれに近いような状況になったり、また中毒性をもっているのでカフェインの取りすぎには注意が必要です。

 

カフェインを取りすぎた場合の副作用の代表例としては、
・不眠症
・中毒性
・依存症
といったものがあります。
また、骨を弱くし、中には死亡したという例もあるくらいです。

 

②の皮下脂肪燃焼効果について

といったものがあり、ダイエットをする方は②が気になるのではないでしょうか?
つまり、お茶を飲むことはカフェインを取ることにもなり、脂肪燃焼効果があるということになります。

ということは、お茶を飲むとダイエット効果があると結論が出たように思いますが、実際は脂肪を燃焼させるほどの効果はないとも言われています。

お茶にはタンニンが含まれているため、他のカフェインを摂取した場合と違ってその効果は緩やかなものになります。ここはがっかりするところではなく、お茶は毎日呑む人が多いので、カフェインの効果が高いと副作用の効果が気になってくるからです。

 

③利尿効果

これについては字のとおり、トイレが近くなります。
ビールやお酒などアルコールを摂取したあとに、お茶を飲むのがいいといわれるのは、飲むことでトイレに行きやすくなるためです。

 

④脳細胞動脈収縮作用について

ここについても少しふれておきましょう。

これは適量だと頭痛を抑える・弱める効果があるのですが、あまりに摂取しすぎてしまうとその効果は逆になってしまい頭痛を感じるようになる可能性もあります。

 

 

お茶の効果

お茶を飲むことはダイエットに直接結びつくわけではありませんが、普段の食事をする中で飲み物を飲料水などではなくお茶にすると、カロリー摂取を抑えることができます。

飲むときにペットボトルに書かれてあるお茶の成分をみるとお茶にはカロリーがないことが分かります。逆に清涼飲料水などは驚くほどカロリーがたくさん入っていることが分かります。

 

普段の生活の中で清涼飲料水を飲む機会が多い人はそれをお茶に変えることはダイエット効果の1つの要因にもなっているといえます。

 

緑茶の力

お茶を飲むことは間接的にダイエットの効果に影響しているということでしたが、実はこの緑茶にはダイエット効果を高める働きがあります。

運動をする前に緑茶を飲むと脂肪をより燃焼させやすくなります。
もちろん飲むだけで痩せるわけではありませんが、運動をすることでカフェインが脂肪に働きかけ燃焼する効果があります。

こちらは間接的と違って直接ダイエットの効果に貢献していることになります。

 

リバウンドのもう1つの理由

理由はいくつかありますが、今回はそれとは別の方向からみてみましょう。

カフェインには利尿効果があると最初に言いましたが、尿が出ることで体から水分が出ていることになり少しずつ体重が減っていることになります。

悪質なエステだとこうした利尿効果を狙って減量に成功したかのように見せ、実は単に体から水分が抜け出ているだけなのです。

 

本当のダイエットは『脂肪をなくす』ことであり、見た目の体重減量ではありません。水分が抜け出ているようなものではありません。利尿効果による減量、体重はすぐに元に戻ります。

エステなどで家にいると体重がすぐに戻ってしまう理由の1つがこれにあたる場合があります。

 

緑茶と脂肪の関係

さて、水分ではなく脂肪に狙いをつけて燃焼させるのが「緑茶」の1つの働きなのです。何か特別な緑茶を買うとかそういったものは必要ありません。今あなたの家にある緑茶で十分です。

 

もちろんより効果の高くなる成分があるのも事実ですが、そういったものはまずは運動をすることが大前提になります。たとえば1日のダイエット効果が10gだったとして、そういったものを買った場合は11gや12gの効果がある程度です。おまけ程度でどういった運動をどのくらいの時間、そしてどのくらい継続してできるかが重要となります。

 

※11gや12gはあくまでイメージしやすいように数値化しているのであって実際は商品によって異なってきますし、それを買ってもまったく同じ10gというのもあるでしょう。

 

 

最後に

繰り返しになりますが、運動をすることで脂肪は燃焼しますし、その前に緑茶をとると効果はより期待できるということです。

どうですか?緑茶を飲んで運動をしたくなりましたか?
すぐに効果が出るのは難しいかもしれませんが、それに負けずに続けていくことときっとダイエットに成功する日はきます。

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。特徴、利用者や口コミによる味や体調、ダイエット効果について”本当”の回答をお知らせします。 また、飲み方や成分、激安はどこなのか ...

2

ダイエット方法はファスティングと呼ばれる断食で、 優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 味はまずいのか?肌荒れやニキビが治る人もいるというが”真実”の口コミはどう ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。     ダイエットを効果的に ...

4

『生漢煎』防風通聖散 「しょうかんせん ぼうふう つうしょうさん」と読みます。 当サイト唯一の医薬品となります。またこの薬は漢方薬でもあります。   「防風通聖散」は市販などでもエキス顆粒、 ...

-ダイエットと効果

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.