ダイエット食品

『満腹感がある』ダイエット食品を紹介

更新日:

ダイエットを始めようかな

今体重が○○kgだから△△kgにしたい

「よし、ダイエットをしよう!」と決意。

 

ダイエットで多くの人が最初にするのが「食事の管理」によるダイエットではないでしょうか?

1回1回食べる量を抑えたり、カロリーの低いものを食べたり・・
さらには、野菜だけにしたり、バナナやヨーグルトで我慢したり・・。

ふとSNSなどを見てみるとこんな風にがんばっている人はかなり多いですね。

芸能人、モデル、ツイッター、インスタ、ブロガーなどの影響もあってか、どう見ても標準体型なのにさらに痩せてきれいに見られたい女性が多くなっています。

ダイエットは衰えるどころか昨今は過熱しているといってもいいくらいなのが現状です。

 

カロリーカットは2つのタイプがある

カロリーカットによるダイエットにはいくつかありますが、大きく分けると2つに分類することができます。

 

1.ダイエット食品タイプ

ダイエット食品を利用して、普段食べる食事をダイエット食品に置き換えることでカロリーカットをするタイプ

→ダイエット食品は”安全性”には十分に配慮されて作られて、そし”栄養”がバランスよく豊富に含まれているのが特徴です。

※ただ、すべてのダイエット食品がそうであるかといわれると品質はピンきりとなっているのが現状です。

 

2.自分で食事の管理をするタイプ

 

1は栄養素についてはダイエット食品に任せるものでしたが、こちらは栄養の管理は自分でするタイプになります。

食事のバランスを考えて管理できる人は圧倒的にこの2のタイプがおすすめです。

また、1のタイプであったとしてもずっとダイエット食品に頼ることはしないで、最終的にはこの2のタイプを目指すのが理想的です。

 

それではどちらかのタイプでダイエットをすると決めたとしましょう。

そうすると最初に大きな壁がやってきます。

 

空腹という大きな壁

ダイエット関係の仕事をしている関係もあり、周りはダイエットをする人がたくさんいらっしゃいます。みなさん相当の努力をしています。

努力はするものの・・
カロリーカットによるダイエットをする場合、一番の壁は”空腹”という大きな壁との戦いですよね。

「食べた~」と満足できるくらい食べることができると頭も体も『満腹感』があっていいのですが、ダイエットをしている場合はそんな満腹感を得るほど食べることは通常しないでしょう。

食べる量を抑える、カロリーの低いものを食べることを中心にしているとお腹が空きすぎてしまいいろいろな影響が出てくる場合もあります。

 

空腹による影響

お腹がすくと様々な悪影響を及ぼす可能性があります。

カロリーカットによるダイエットをする場合、明らかにエネルギーの摂取が少ないので

・体を動かす

・頭を働かせる

といったことが思うようにいかなかったり、難しくなったりする場合もあります。

エネルギーの供給をストップしてしまうくらい極端なカロリーオフをしてしまうとエネルギーの源を失うことにもなるので当サイトとしては反対です。

ダイエットをする場合、極端なカロリーオフなど・・やりすぎは注意といことですね。

 

メモ

炭水化物などを抜く、摂取量を抑えてダイエットをする人もかなり多いと思いますが、炭水化物は脳を働かせるエネルギーの供給源でもあります。

 

勉強をする、仕事をする、デートをする、運動をする、遊びを楽しむといったすべての行動において栄養素は重要になってきます。

栄養素が不足することで病気になったり、気力がなくなったり頭が働かなくなったりといったこともないわけではありません。

 

少ししつこいくらい記載したので

・”栄養”は大事なんだな

・やりすぎはだめなんだね

というのが頭の片隅にでもあるとうれしいです。

 

それでも「ダイエットをしたい」

 

今はそんな事は言ってられないの!

・カロリーカットして体重を減らしたい!

・このお腹の脂肪をとりたい

・二の腕のぷにぷにをどうにかしたい

・きれいに見られたい

・かわいい服が着たい

カロリーカットをすることで体重は少しずつ減っているし、日常生活において支障はないから大丈夫

あなたのダイエットへの情熱を止めることは難しいでしょう。

 

そんながんばってるあなたへワンポイント

ワンポイント

極端なカロリーカットによるダイエットは一時に体重を減らすことはできますが、リバウンドをする可能性が極めて高いです。

体もびっくりしてしまうということですね。

⇒カロリーカットによるダイエットは無理をしすぎない、多少ゆっくり目でやるのがポイントです。

 

お腹が空いたら・・(空腹が我慢できなくなったら・・)

さぁこの答えは何だと思いますか?
ダイエットをやめる?あきらめる?

違います。お腹が空いたら食べましょうっていうことです。

あきらめると一緒じゃないの?という突込みがきそうですが・・

 

カロリーカットによるダイエットを頑張りたいけど、お腹がすきすぎて我慢できないという話はよく聞きます。

・おなかが空きすぎて間食ががまんできない

・夜寝られない

といった人は多いです。
ただ、それはダイエットに対して真剣に取り組んでいるということでもあるんですよね。

頑張っていなければお腹がすくなんていうことはないですから。

 

最初にいいましたが、「お腹が空いたら食べましょう」というシンプルな答えですが、できるだけ腹持ちのいいものを食べるといいでしょう。

※腹持ちのいい食べ物については後日下の方に「満腹感」をできるだけ得やすい食材を紹介しますので参考にしてください。

 

それでもどうしてもお腹が空くなら軽くご飯を食べてしまいましょう。それを食べてからといって体重が増えるわけでもないですから。

「少し食べたら少し運動をする」というルールを決めるといいかもしれませんね。

 

 

次は間食について見てみましょう。

間食してはいけないと思いつつもついつい小腹がすいて食べてしまうんだよね。

というのはよくある話ですね。

 

間食は”悪”ではない

間食は悪いように思われているかもしれませんが、実はそうではないということを知ってほしいと思います。

それでは間食ではないですが、次の例を見てください。

 

1日2,000kcal食べる場合

①朝を抜いて、昼、夜の2食で2,000kcalを摂取した

②朝、昼、夜の3食で2,000kcalを摂取した

この場合、太りづらいのは②の3食タイプの方です。

 

空腹を感じ過ぎて食べてしまうと脂肪になりやすいんですよね。

ですので、2食だと前の日の夜から昼までの時間が長いので太りやすいんですね。

 

「食べる量を分散すると太りにくい」という話は聞いたことがないですか?

また、晩御飯の前に果物を食べるといいですよ。

 

①昼ご飯→晩御飯

②昼ご飯→果物→晩ご飯

 

②の方は昼ご飯と晩ご飯の間に果物が入っていることで空腹感が抑えられているんですね。
ですので、間に果物を食べるといいんですね。

 

これは別に果物じゃなくてもいいですよ。

この果物は間食ですよね?それでも間食をしたほうが太りづらいんですよ。

もちろんカロリーが高い果物をたくさん食べてしまうとカロリーカットによるダイエットではありませんから。

 

1日のカロリー摂取量を決め、それを3回ではなく、上限は同じだけど4回、5回と分けるほうが太りづらいということです。

 

果物の効果

先ほど間食に果物を例にしましたが、スナック菓子を食べるのが普通でしたらスナック菓子を果物に変えるといいでしょう。

果物は水分を多く含んだものが多いので満腹感を得ることができるからです。
また、果物にはたくさんの栄養素が含まれているので率先して食べるといいでしょう。

果物を食べることで1日の食べる量が明らかに増えてしまってはだめですよ。

 

まとめ

・お腹が空いたら満腹感を得やすいものを食べましょう

・それでも我慢ができないなら割り切ってご飯を少し食べましょう。しかし、ご飯を食べる代わりに運動をするというルールがあるといいですね

・2食より3食、3食より4食
1日の食べる量は同じとした場合、回数が多いほうが太りづらい

 

ダイエット食品で満足感をえることができるものは2つ。

 

①美容液ダイエットシェイク

②オルビスのダイエットプチシェイク

 

①は全ての面において優れているので当サイトではイチオシのダイエット食品ですが、できる限り安く済ませたいという方は②をおすすめします。

どちらも通常価格より安い「3食分のお試しセット」を用意していますので、気軽にどんなものなのなのかを知ることができます。

 

 

 

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。特徴、利用者や口コミによる味や体調、ダイエット効果について”本当”の回答をお知らせします。 また、飲み方や成分、激安はどこなのか ...

2

ダイエット方法はファスティングと呼ばれる断食で、 優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 味はまずいのか?肌荒れやニキビが治る人もいるというが”真実”の口コミはどう ...

3

ダイエットサプリで気になるのは・・ 1.価格はどうなの?安いの?安いとしたらどこで売ってるの? 2.効果はあるのか?それを使うと「痩せた~!」と言える事ができるのか? この2点が特に気になるのではない ...

-ダイエット食品

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.