食べ物の効能・効果

菜の花食べてますか?菜の花の効能・効果

更新日:

菜の花 

菜の花(なのはな)は、アブラナ科アブラナ属の花の総称[1]。特にアブラナまたはセイヨウアブラナの別名としても用いられる。また、菜花(なばな)は、ナタネ、カブ、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、カラシナ、ザーサイなどアブラナ科アブラナ属で主として花を食するものをいう

wikipediaより

 

菜の花の各栄養素

項目 食品上位 野菜上位  
カロリー 308 50 28
炭水化物 37.1 10 4.3
脂質 24.8 1 0.1
たんぱく質 23 5 4.7
コレステロール 230 0 0
カルシウム 150 100 140
鉄分 3.3 1.5 1.7
ビタミンA 330 200 200
ビタミンB1 0.31 0.1 0.07
ビタミンB2 0.4 0.1 0.14
ビタミンB6 0.46 0.15 0.11
ビタミンB12 11.4   0
ビタミンC 47 40 44
ビタミンD 11   0
ビタミンE 3.6 2 2.8
ビタミンK 160 160 250
カリウム 490 400 170
食物繊維 5.3 5 4.3

 

菜の花に”かなり多く”含まれている栄養素

ビタミンK

菜の花に”多く”含まれている栄養素

カルシウム、ビタミンC、ビタミンE

菜の花に”ある程度”含まれている栄養素

食物繊維、鉄分、ビタミンA、ビタミンB2

菜の花に”多少”含まれている栄養素

ビタミンB1、ビタミンB6

 

菜の花の効能・効果と評価レビュー

野菜類にはビタミンB12、ビタミンDは含まれていないことを考えると、それ以外の各栄養素をすべて含んでいる野菜ということになります。

菜の花は野菜の中でも栄養をたくさん含んだ注目すべき野菜といえるでしょう。

まさに「野菜の○○箱」というべきでしょう・・・。

 

ビタミンKやカルシウムを多く含んでいることから、骨粗しょう症防止と血管のケアをすることが可能となります。もちろんこの菜の花はそれだけではなく鉄分とビタミンCも野菜の中では上位に位置しています。

鉄分がレバーなどのヘム鉄の方が鉄分の吸収率がよく、逆に野菜などの非ヘム鉄は吸収率が悪くなっています。しかし、菜の花には鉄分だけでなく鉄分の吸収を促進させる効果があるビタミンCを多く含んでいるのでより効率的に鉄分を吸収することが可能となります。

 

野菜の中で上位だけでなく、全食品のなかでもほぼ上位に位置しています。

そのため野菜によって鉄分を多く吸収することができるのはいいですね。
肉類などはカロリーや脂質など多かったりと吸収したい栄養素以外で気をつけるべきところがあったりしますが、野菜類についてはそういったことがあまりありません。

もちろんだからといって肉をとらずに野菜ばかりとるのは栄養のバランスから考えてあまりよくありません。

カロリーも炭水化物も取ることが重要なのですが、これを勘違いして炭水化物抜きダイエットをしている人がいるのはとても残念なことです。

当然、カロリーや炭水化物は取りすぎてしまうと脂肪としてお肉としてついてしまうことになりますが、適量をとっていない人は個人差などはありますが、適量をきちんととるようにしましょ。

 

菜の花は栄養素が多い野菜なので時々食卓に並べるのをおすすめします。

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。特徴、利用者や口コミによる味や体調、ダイエット効果について”本当”の回答をお知らせします。 また、飲み方や成分、激安はどこなのか ...

2

ダイエット方法はファスティングと呼ばれる断食で、 優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 味はまずいのか?肌荒れやニキビが治る人もいるというが”真実”の口コミはどう ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。     ダイエットを効果的に ...

4

『生漢煎』防風通聖散 「しょうかんせん ぼうふう つうしょうさん」と読みます。 当サイト唯一の医薬品となります。またこの薬は漢方薬でもあります。   「防風通聖散」は市販などでもエキス顆粒、 ...

-食べ物の効能・効果

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.