食べ物の効能・効果

ビタミンD、B6を多く含んださば(鯖)の効能・効果

投稿日:

さば(鯖) 

サバ(鯖、英: Mackerel)は、スズキ目・サバ科のサバ属 Scomber・グルクマ属 Rastrelliger・ニジョウサバ属 Grammatorcynus などに分類される魚の総称。

世界各地で食用にされる。日本近海ではマサバ(真鯖)、ゴマサバ、グルクマ、ニジョウサバ(二条鯖)の計4種が見られる。

wikipediaより

 

さば(鯖)の各栄養素

項目 食品上位 肉・魚上位 さば 開き 水煮缶 しめさば
カロリー 308 334 202   190 339
炭水化物 37.1 6.4 0.3   0.2 1.7
脂質 24.8 24.6 12.1   10.7 26.9
たんぱく質 23 25.8 20.7   20.9 18.6
コレステロール 230 410 64 65 84 65
カルシウム 150 210 9   260 9
鉄分 3.3 4.3 1.1   1.6 1.1
ビタミンA 330 330 24 9 0 14
ビタミンB1 0.31 0.4 0.15   0.15 0.13
ビタミンB2 0.4 0.52 0.28   0.4 0.28
ビタミンB6 0.46 0.49 0.51   0.36 0.36
ビタミンB12 11.4 16.7 10.6   12 11.4
ビタミンC 47 6 0   0 0
ビタミンD 11 14 11   11 8
ビタミンE 3.6 3.8 0.9 2.4 3.2 0.5
ビタミンK 160 17 5 0 0 0
カリウム 490 430 320   260 200
食物繊維 5.3 0 0 0 0 0

 

さば(鯖)に”かなり多く”含まれている栄養素

ビタミンB6、ビタミンD

さば(鯖)に”多く”含まれている栄養素

ビタミンB12

さば(鯖)に”ある程度”含まれている栄養素

ビタミンB2、カリウム

さば(鯖)に”多少”含まれている栄養素

鉄分、ビタミンB1、ビタミンE

 

さば(鯖)の効能・効果と評価レビュー

さば(鯖)の塩焼き、さばの味噌煮、しめさば、バッテラみなさんの大好きなものはどれですか?

魚というのは栄養素が豊富ですが、このさば(鯖)にもかなりの栄養素が含まれています。
さば(鯖)はなじみの深い魚で食べる機会も多い魚だけで栄養素が豊富にあるのはうれしいことですね。

ビタミンDは魚に多く含まれている栄養素ですが、ビタミンDを最も多く含んでいる魚は何だと思いますか?

アンコウの肝を除くと・・ビタミンDを最も多く含む魚は

1位 鮭 22
2位 さんま 19
3位 ひらめ 18
3位 まぐろ 18

さば(鯖)にもたくさんのビタミンD含んでいそうではありますが、その含有量は1位の鮭の半分の11となっています。

それでも全ての食べ物のランキングでは上位にランクインするほどの含有量です。

 

魚が嫌いで魚を食べる機会がほとんどない人はもしかするとビタミンDが不足しているかもしれません。ビタミンDは魚以外の肉、やさい、豆、果物、乳製品などから摂取する事はできないからです。

また、太陽の光を浴びることでビタミンDを作り出す事ができます。

理想なのは魚を食べて、太陽の光を浴びるのがいいように思います。

しかし、逆に魚も食べない、太陽の光を浴びないなどでビタミンDが不足してしまうとどうなるのでしょうか?

 

ビタミンDが不足すると・・

骨粗しょう症、うつ病、抹消動脈疾患、高血圧といった病気になると言われています。これらの病気は太陽の光をあまり浴びてない人がなりそうなそんなイメージがありますが・・。

やはり太陽の光は偉大ですね。しかし、太陽の光を浴び続けると紫外線の問題も有るので浴びすぎは体によくありません。

 

 

1日の日照時間は15分程度を推奨しているのでそれを参考にするといいかもしれません。

 

ビタミンB6も多く含んでいる

 

ビタミンB6もかなリ多くの含んでいる事から神経性異常といった予防効果もあります。

また、サバの栄養素には鉄分が1.1も含まれているのはうれしいことですね。鉄分を調製されたヨーグルトなどに含まれて意鉄分含有量は1~5くらいなのでサバに1.1含まれているというのは意外にも多く含まれているともいえます。

 

簡単にサバを食べようと思ったらサバ缶を利用するという手もあります。
サバ缶はサバを焼いたときの味とは全く違うような印象がありますが、サバ缶にすると栄養素はどうなるのでしょうか?

かなり落ちてしまうのでしょうか?

普通は缶詰にすると栄養素がかなり落ちてしまうのですがサバ缶は少し違うようです。

サバ缶にすることで・・

カルシウム 9→260
鉄分 1.1→1.6
ビタミンE 0.9→3.2

といったように栄養素が増えるものもあります。
サバ缶の骨は骨まで食べる事ができるのでカルシウムの値が大きくなっているのでしょう。
(管理人はサバ缶の骨は捨てていました・・)

 

カルシウム

カルシウムといえば牛乳を思い浮かべる人も多いでしょう。
100グラム当たりで比較すると・・

牛乳には110、サバ260 となっています。

ここでカルシウムの吸収率も考慮してみると・・

牛乳 110×吸収率40%=44
サバ 260×吸収率33%=86

とサバの方が牛乳よりもカルシウムが多い事になっています。
(骨まで食べればの話ですが)

 

サバはバランスよく栄養素が詰まっているいい食べ物なのでみなさんもサバを食べる機会を増やしてはいかがでしょうか。

 

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。 特徴だけでなく口コミによる【本音】のダイエット効果、味、体調面を公開! また、飲み方や成分、激安はamazon?公式なのかとい ...

2

優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 何か信じられない話かもしれませんが、ダイエットはファスティングと呼ばれる断食です。 ダイエットの効果はどうなの? 味はまずい ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。   ダイエットを効果的にする「方法」「 ...

4

目次1 『生漢煎』防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)1.1 商品の特徴1.2 生漢煎防風通聖散の飲み方1.3 生漢煎防風通聖散の成分1.4 こんな人におすすめ1.5 次に当てはまる人 ...

-食べ物の効能・効果

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.