酵素

【効果のある酵素ドリンク】おすすめランキング

更新日:

ダイエット商品の分類

ダイエット商品はいくつかのタイプがあります。

1.ダイエット食品タイプ

2.ダイエットサプリタイプ

3.ダイエット酵素タイプ

4.ダイエット機器・グッズその他タイプ

上記のように4つに分けることができます。

今回のランキングは「酵素」なので3番の「ダイエット酵素タイプ」のランキングとなります。

 

酵素”が何者なのか分からないうちにダイエット酵素の話をしてもぴんときませんよね。

そこで酵素について多少説明をしますね。

 

酵素って何?

ダイエット食品やサプリなんかはなんとなくイメージがつかめるかもしれませんが、ダイエット酵素って食品やサプリと違って「なんだろ?」となる方も多いでしょう。

ダイエット商品を買ったことがある人やいろいろ調べている人は”酵素”という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

そもそも”酵素”って何なんでしょうかね?

話を引っ張るよりいきなり結論を出したほうがすっきりするかもしれないので結論を。

酵素の実体はたんぱく質です。

 

酵素だけだとイメージしづらいかもしれませんが、酵素がたんぱく質のようなものだと分かると身近なものに感じて難しそうなイメージがなくなったのではないでしょうか。

酵素っていうと何かすごいエネルギーのような何かよく分からない力?成分?のように感じるかもしれませんが、先ほど「酵素の実体はたんぱく質」ということが分かれば、なんとなくそういったものなんだなと冷静に判断することができるでしょう。

 

酵素自体は人間の体に含まれています。

ですので、当然みなさんの体の中にも酵素が含まれているのですが、この酵素は代謝においてなくてはならないものなのです。

 

代謝?

代謝?って少し聞きなれない言葉かもしれませんが、「基礎代謝」という言葉は聞いたことがありませんか?

よく「基礎代謝をあげよう!」などと言われていますが、その代謝の一部分が基礎代謝なのです。

 

少しだけ例を出して見ましょう。

太りやすい人はこの基礎代謝が低下していることが原因の1つと言われています。

Aさん、Bさんは同じものを食べ、同じように動き・運動をしましたが、Aさんは標準体型なのにBさんは少し太り気味の体型になってしまうことも基礎代謝の違いで起こることもあります。

 

基礎代謝とはエネルギーに変換・消費する力だと思うといいかもしれません。

先ほどの例ですと・・

 

Aさん

Aさんは1,000kcalのものを食べました。基礎代謝は高いので食べた1,000kcalのものを全てエネルギーに変換することができました。

→食べたもの全てをエネルギーとして消費できたということですね。

 

Bさん

一方Bさんですが、こちらも同様に1,000kcalのものを食べました。しかし基礎代謝が低いので食べた1,000kcal全てをエネルギーに変換することはできず、900kcalだけエネルギーに変換することができました。

100kcalエネルギーとして消費できなかったものがあります。

つまり、基礎代謝の違いによってこの消費できなかった部分が脂肪などとして体に蓄積していき気付いたら太っていたということになるんですね。

 

酵素の減少

エネルギーに変換・消費することが基礎代謝であり、代謝なのです。

代謝は物質が化学反応(合成・反応)などの”働き”のことをさします。

この働きをする上でなくてはならないものが”酵素”なのです。

 

酵素の量が減ってしまうとこの”働き”が弱くなってしまうのです。

 

酵素の量が減る

働きが弱くなる

代謝が弱い

基礎代謝低下

太りやすくなる

 

今は太るかどうかの話をしましたが、体のほとんど全ての機能はこの酵素の働きによるものなので、酵素が弱くなってしまうと体の機能自体が低下してしまうことになります。

・抵抗力が弱くなって病気になりやすい
・少し走っただけなのに息切れしてしまう
・若いころと違って肌のはりが・・

こういったものは酵素の働きが影響を与えていることが多いです。

酵素は年齢とともに減少していきます。

 

酵素の減少はすなわち代謝の減少でもあり、基礎代謝の低下を意味します。

 

「若いころと同じように運動をしているのに、痩せないどころか太ってしまう」

これは酵素の減少によってエネルギー消費量が低下していることが少なからず影響をしているでしょう。

 

酵素・基礎代謝の減少・低下を食い止めることはできないのか?

酵素の減少は人間の命と同じで運命ともいうべきものですが、多少はそれに逆らうことで減少をある程度緩やかなものにすることができます。

健康的な生活をすることで長く生きることができるのと似ていますね。

 

酵素の減少を多少緩やかにする方法

①運動をすることで基礎代謝をあげる。

②酵素を摂取する。

 

以上で酵素のことが少なからず分かっていただけたのではないでしょうか。

 

最後に身近な酵素の話をしてみましょう。

身近な酵素

イメージがわきにくい酵素ですが、とても身近な例を出すと分かりやすいかもしれません。

みなさんは発酵したものを食べますか?

①味噌やしょうゆや酒など・・

②さらにはパンを作るときに必要なあるもの

これら両者に共通するのは発酵させるために生物を使うんですね。

①だと麹、②だと酵母菌

昔はこれらの生物を使って発酵させていたのですが、酵素の発見と技術の進歩によって生物を使わないで酵素の力を利用することで発酵させることが可能となりました。

身近なところに酵素がいましたね。

 

多少酵素の説明が長くなってしまったかもしれませんが、以前よりは酵素について知識がついたのではないでしょうか。

 

 

それでは本題である「ダイエット酵素」を見てみましょう。

ダイエット酵素の分類

最初にダイエット商品は4つに分類することができるといいました。その中の1つがダイエット酵素でしたが、そのダイエット酵素を2つに分類することができます。

①酵素ドリンク

②酵素ドリンク以外(サプリ等)

2つに分類しましたが、この2つには大きな違いがあります。

表にするとすごく分かりやすいので表を見てみましょう。

  ①酵素ドリンク ②酵素サプリ等
価格 低~中
ダイエット効果 低~中

 

この表を見ると①の酵素ドリンクは価格が高いことが分かりますが、それと同時にダイエット効果も高いことが分かりますね。

②の酵素ドリンク以外については価格・効果ともに低~中となっています。

 

この分類は多くのダイエット酵素・酵素以外の平均的なものを表しているので、全ての商品がこれに当てはまるわけではありません。

値段が高いからといって必ずしもダイエット効果があるとも限りません。

 

 

酵素ドリンクを使ったおすすめのダイエット方法

酵素ドリンクであってもダイエット方法はそれぞれありますが、最もダイエット効果を発揮するのはファスティングと呼ばれる断食を行う場合です。

これは数日間、酵素ドリンク以外は一切口にしないというものです。

 

メモ

中には一部断食を行うものもありますが、ここでは完全なファスティング(断食)を紹介しています。

置き換えダイエットみたいに朝だけ、夜だけを置き換える代わりにファスティング(断食)もあります。

 

このファスティングによるダイエットは、短期間でダイエットしたい(体重を減らしたい)という方に最もおすすめするダイエット方法です。

短期間で体重を減らすようなダイエット方法は基本的にはおすすめしていませんが、1週後、10日後にどうしても体重を減らしたいという事があるかもしれません。

そういった場合に頼りになるのが酵素ドリンクを使ったファスティングダイエットです。

 

 

普通の断食と何が違うの?

何も食べない断食ならわざわざ高価な酵素ドリンクを使う必要はないと思う方もいらっしゃるかもしれません。

酵素ドリンクを使ったダイエットと普通の断食の大きな違いがあります。

 

普通の断食との違い

①通常の断食・・・何も食べない

②酵素ドリンクを使った断食・・酵素ドリンクは飲む

 

酵素ドリンクを使った断食は、酵素ドリンクを飲むことで栄養素をしっかり補えるところが違いますね。

何も食べない断食だと完全に栄養不足になってしまいますね。それでは痩せたというよりは栄養失調で痩せてしまったというのが正しいでしょう。

 

ですので、何も食べない断食は絶対におすすめしません。このような体重減少は何かを食べてしまうとすぐに体重が戻ることが多いです。

また、場合によっては以前よりも太りやすい体質になる可能性があります。

 

食べ物を抑えると、体は栄養不足の危機を脱するために体に栄養を貯めようと必死になります。そうすると体は以前よりも栄養・脂肪などが体に蓄積しやすい体質になってしまうのです。

ハーバード大学の研究で明らかになった「痩せやすい菌」「太りやすい菌」がありますが、この場合「太りやすい菌」が増えてしまっている状態になっているかもしれません。

栄養

栄養不足になると体に脂肪などをためやすくなるといいましたが、さらに問題なことがあります。

それは栄養を補うために骨から栄養を搾り出そうとし、骨をもろくしてしまうことです。栄養失調の人の骨ってもろいですが、それはこうした理由によるものです。

 

ファスティング(断食)による2つのメリット

断食をして酵素ドリンクを飲むのにどんな効果があるのでしょうか?

 

①食べ物を摂取していないのでカロリー減少が見込めます。

②身体のリセット+α

①は分かり易いですが、ファスティングの”真”の狙いは②にあります。

②こそが酵素のちからを利用したファスティングによるダイエットなのです。

 

ファスティングによる真のダイエットとは?

何も食べないことで消化器系の器官はその働きをやめて休むことができます。普段は消化で大忙しだけど完全に食を断つことで消化器系を完全に休止させることができます。

 

ですので、ファスティングにおいて「食物繊維」などを摂取するのはあまりよくありません。

食物繊維は体にとてもいい栄養素ではありますが、この栄養素を断食中に摂取してしまうと消化器系の器官がフル活動を始めてしまいます。

食物繊維は食べ物の中でも特に消化への負担が大きいのでなおさらです。

置き換えダイエットなどでは満腹感や腹持ちをよくするために食物繊維が豊富なもの、たとえば「チアシード」なんかがそうですね。

 

消化器系が休止することでこの消化器系の働きを他の活動で利用することができます。

この他の活動で利用することがファスティングの真意で、こうすることで身体はリセットされ、さらには体調面においてよくなったりすることがあるのはこうした消化器系の働きによるものだと言われています。

単に何も食べない断食とは全く違うことが分かるかと思います。

 

 

管理人は当初このダイエット方法を反対していましたが、

①栄養が豊富で安全面など品質が極めて高い酵素ドリンク

②正しい飲み方と正しいダイエット方法を実践すること

この2つの基準をクリアした場合、安全で健康的にダイエットすることが分かったので、今ではファスティングによるダイエットをおすすめしています。

 

ファスティングダイエットの注意点

このファスティングによるダイエットをする場合酵素ドリンク以外何も口にしないので、酵素ドリンクが命の源となります。

そんな重要な命の源である酵素ドリンクは①の条件でもある

・酵素ドリンクの素材

・作り方

・衛生面

と全ての工程において高いレベルで作られている必要があり、これらを確認することが重要です。

こういった様々な工程において人のちから・時間がかかっているため価格はどうしても高くなってしまいます。

逆に安い酵素ドリンクがあった場合は品質・安全面を疑ったほうがいいかもしれません。

もちろん、安いドリンクに限らず高いものであっても品質・安全面はしっかり確認する必要があります。

 

酵素ドリンクの場合は特に「品質・安全面」を重要視する必要があります。

 

一番いいのはその酵素ドリンクを実際に使った人の感想を聞いてい見ることです。

できれば1人より2人、2人より5人・・・と人数は多いほどよく、多いと平均的な感想を聞くことが可能となるからです。

人数が少ないとその人自身の体質、環境状況によって感じ方、ダイエット効果は大きく影響を受けてしまいます。

 

当サイトの口コミ利用

当サイトは実際の利用者に加えて口コミなども合わせて利用しています。そうすることで広範囲の意見を参考にすることができます。

口コミだけだと本当の感想を直接聞くことができないので両方を利用するのが最もいいかと当サイトは判断しています。

 

 

 

酵素ドリンク おすすめランキング

1位 

超短期間(数日とか)で”どうしてもやせたい人”におすすめのダイエット商品 当サイトでおすすめTOP3のうちの1つ

優光泉(ゆうこうせん)のサイトはこちら

2位

お金に余裕がある人または美容面が気になる人にもっともおすすめするダイエット商品(酵素)

ファストザイムのサイトはこちら⇒

 

 

 

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。特徴、利用者や口コミによる味や体調、ダイエット効果について”本当”の回答をお知らせします。 また、飲み方や成分、激安はどこなのか ...

2

ダイエット方法はファスティングと呼ばれる断食で、 優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 味はまずいのか?肌荒れやニキビが治る人もいるというが”真実”の口コミはどう ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。     ダイエットを効果的に ...

4

『生漢煎』防風通聖散 「しょうかんせん ぼうふう つうしょうさん」と読みます。 当サイト唯一の医薬品となります。またこの薬は漢方薬でもあります。   「防風通聖散」は市販などでもエキス顆粒、 ...

-酵素

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.