食べ物の効能・効果

レモンよりビタミンCが多い!?ハム、健康派はボンレスハムがおすすめ

投稿日:

ハム

ハム(英: ham)は、豚肉・猪肉のもも肉を塊のまま塩漬けした加工食品。または、その類似品。英語のhamとは元々は豚のもも肉の意味であるが、豚のもも肉を用いた加工食品、さらに日本においては豚のもも肉以外を用いた加工食品を指す場合が多い。

wikipediaより

 

ハムの各栄養素

項目 食品上位 肉・魚上位 ハム ハム 生ハム 生ハム
      ロース ボンレス 促成 長期熟成
カロリー 308 334 196 118 247  
炭水化物 37.1 6.4 1.3 1.8 0.5  
脂質 24.8 24.6 13.9 4 16.6  
たんぱく質 23 25.8 16.5 18.7 24  
コレステロール 230 410 40 49 78 98
カルシウム 150 210 10 8 6  
鉄分 3.3 4.3 0.5 0.7 0.7  
ビタミンA 330 330 0 0 5 5
ビタミンB1 0.31 0.4 0.6 0.9 0.92  
ビタミンB2 0.4 0.52 0.12 0.28 0.18  
ビタミンB6 0.46 0.49 0.23 0.24 0.43  
ビタミンB12 11.4 16.7 0.4 1.3 0.4  
ビタミンC 47 6 50 49 18  
ビタミンD 11 14 1 1 0  
ビタミンE 3.6 3.8 0.3 0.2 0.3 0.3
ビタミンK 160 17 3 2 7 12
カリウム 490 430 260 260 470  
食物繊維 5.3 0 0 0 0 0

 

ハムに”かなり多く”含まれている栄養素

たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンC

ハムに”多く”含まれている栄養素

ビタミンB6、カリウム

ハムに”ある程度”含まれている栄養素

ビタミンB2

ハムに”多少”含まれている栄養素

鉄分

 

ハムの効能・効果と評価レビュー

ハムって栄養素を多く含んでいるのをご存知ですか?

意外だと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

ハムを利用する機会が多いものとしてサンドイッチがあげられるでしょう。
サンドイッチにハムを入れるかどうか迷っている人は、栄養も考えてハムを入れるほうがいいかもしれません。(カロリーなどを抑えたい場合などはハムを入れない場合も考えられます)

 

さて、ハムがもっとも多く含んでいる栄養素はビタミンCです。

ビタミンCを多く含んでいるのは意外かもしれませんが、思った以上にビタミンCを含んでいるのです。

ビタミンCといえばレモンなどの柑橘系をイメージされるかたも多いでしょう。

びたみんCの含有量で肉・魚類の上位をみてみると

1位 明太子76
2位 ベーコン50
3位 ハム(ロース)50
4位 ハム(ボンレス)49

と上位陣はハムやベーコンといったものがビタミンCを多く含んでいるのがわかります。

メモ

レモンのビタミンC含有量は100で、これだけ見るとハムの50の倍ほど含んでいるのがわかります。しかし、レモンはそのまま食べることが難しかったり、頻繁に食べる食べ物とはいいがたいかもしれません。

レモンを絞って使うといった場合が通常は多いでしょう。

とすると、ハム、ベーコンのビタミンC含有量が50というのはかなり多いことがわかります。

 

ビタミンCは抗酸化作用があり、大気汚染や紫外線から身を守ってくれる重要な栄養素でもあります。また、女性にはうれしい美肌効果や老化防止といった効果も期待することができます。

※最近はあまり見かけませんが、芸能雑誌、特にアイドル雑誌などでレモンを持っているのは美肌効果などといったものがあるからかもしれません。

 

サンドイッチなどでハムをよく食べることもあると思いますが、ハムのカロリー、脂質、コレステロールは気になりませんか?

加工された多くのものは体にいい影響を与えるものが少ない印象がありますが、加工されたハムは生ハムの半分程度のカロリーとなっています。

 

健康志向はボンレスハムがおすすめ

特にボンレスハムについてはロースハムの半分程度までカロリーが低くなっているので、カロリーを抑えたい人はボンレスハムにするといいでしょう。ボンレスハムはカロリーだけでなく脂質もかなり少なくなっておりロースハムと比べると70%もカットされています。

 

コレステロールについては、ハム、生ハム自体少ないのですが、コレステロールが高いので普通の人よりさらに抑えたい人は生ハムより通常のハムをおすすめします。

通常のハムの方が生ハムの半分程度のコレステロールとなっているからです。

 

健康を気にするのなら・・
ボンレスハム>ロースハム>生ハム (左ほど健康)

といった順になるでしょう。

ただ、このあたりはコレステロール、脂質、カロリーも普通の人はわざわざボンレスハムやロースハムにする必要はなく食べたいものを食べるのが一番いいでしょう。

 

食事はバランスよく食べることが重要ですが、普段の中でストレスをためないこともまた大事です。

 

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。 特徴だけでなく口コミによる【本音】のダイエット効果、味、体調面を公開! また、飲み方や成分、激安はamazon?公式なのかとい ...

2

優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 何か信じられない話かもしれませんが、ダイエットはファスティングと呼ばれる断食です。 ダイエットの効果はどうなの? 味はまずい ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。   ダイエットを効果的にする「方法」「 ...

4

目次1 『生漢煎』防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)1.1 商品の特徴1.2 生漢煎防風通聖散の飲み方1.3 生漢煎防風通聖散の成分1.4 こんな人におすすめ1.5 次に当てはまる人 ...

-食べ物の効能・効果

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.