食べ物の効能・効果

鶏肉(とりにく)・・もも、ひき肉、ささみでビタミンB6を豊富に含んだ部位はどれ?(効能・効果)

更新日:

 鶏肉(とりにく)

鶏肉(とりにく、けいにく)とは、キジ科のニワトリの食肉のこと。鶏はもっとも代表的な家禽なので、単に鳥肉といえば鶏肉を指すことが多い。

牛肉、豚肉、羊肉と並んで世界で日常的に食用にされる肉のひとつである。

wikipediaより

 

鶏肉(とりにく)の各栄養素

項目 食品上位 肉・魚上位 鶏もも肉 鶏ひき肉 鶏ささみ
カロリー 308 334 200 166 105
炭水化物 37.1 6.4 0 0 0
脂質 24.8 24.6 14 8.3 0.8
たんぱく質 23 25.8 16.2 20.9 23
コレステロール 230 410 98 75 67
カルシウム 150 210 5 11 3
鉄分 3.3 4.3 0.4 1.2 0.2
ビタミンA 330 330 39 40 5
ビタミンB1 0.31 0.4 0.07 0.1 0.09
ビタミンB2 0.4 0.52 0.18 0.21 0.11
ビタミンB6 0.46 0.49 0.18 0.68 0.6
ビタミンB12 11.4 16.7 0.4 0.2 0.1
ビタミンC 47 6 3 0 2
ビタミンD 11 14 0 0 0
ビタミンE 3.6 3.8 0.2 0.2 0.2
ビタミンK 160 17 53 16 14
カリウム 490 430 270 270 420
食物繊維 5.3 0 0 0 0

 

鶏肉(とりにく)に”かなり多く”含まれている栄養素

ひき肉、ささみの場合:ビタミンB6

鶏肉(とりにく)に”多く”含まれている栄養素

 

鶏肉(とりにく)に”ある程度”含まれている栄養素

カリウム

鶏肉(とりにく)に”多少”含まれている栄養素

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンK

 

鶏肉(とりにく)の効能・効果と評価レビュー

一番多く食べる部位はももの部分でしょうか?
鶏のから揚げおいしいですよね?弁当のおかずの定番でもありますし、運動会などでは鶏のから揚げはあるとうれしいおかずのひとつでしょう。管理人はから揚げも好きですが、中でもチキン南蛮は大好きな料理です。

もも肉は肉・魚部門の中ではもっとも多くのビタミンKを含んでいます。
そのおかげで骨粗しょう症予防、動脈硬化予防といった効果を期待することができます。
特に、血管の弾力性の維持・改善ができるのはうれしい効果だといえます。

 

カロリーなどで考えると「もも肉」よりも「ささみ」の方が健康面ではかなり優れていて、ささみを買う人もかなり多く、実際に身近でささみを買う人もかなり多くなっています。

コンビ二などにいくと「鶏のささみ」のいろいろな種類が売られていますが、200円から300円くらいの値段なのでそう安いともいえません。

鶏のささ身や野菜などで我慢してダイエットをする人はかなり多いですが、正直それだけでは栄養が不足することは間違いありません。栄養不足によって体重が減っていかにもダイエットに成功したように見えますが、実際には違います。

栄養不足になると体は体内に栄養をためようとするので、そうすると摂取したときに栄養をためやすい体質になるため太りやすい体になっていく可能性が高いです。

また、ずっと鶏のささ身でがまんできず、いずれ普通に食事をすると気づかないうちに体重が元に戻ることになりますし、もしかすると以前よりも太りやすい体質になっている可能性もあります。

ダイエットの基本は運動+食事であることを忘れないでください。

少しはなしがそれてしまいましたが、鶏肉のなかでもささみはカロリーが極めて低いのが特徴的です。

もも肉→ささみ

①カロリーは半分程度に減少
②脂質はなんと95%減少(ほとんどないということですね)
③コレステロールは3分の1減少

このようにささみにすると健康的に食事をすることが可能となります。
しかし、通常の食事においてこれから過剰摂取の場合はこのように食事を工夫することが大切ですが、カロリーをほとんどとらないような食事をしている人はささみではなくもも肉を食べてカロリーという”栄養素”をきちんと補うようにしてください。

 

鶏のささみのいいところは、もも肉よりもビタミンB6、カリウムを多く含んでいるということが挙げられます。特にビタミンB6については肉・魚部門では10位に位置するほどビタミンB6を豊富に含んでいます。

ビタミンB6を多く含むものはまぐろ、かつお、レバー、そして鶏(ひき肉、ささみ)となっているのですべての食べ物の中であってもビタミンB6を多く含む食べ物となっています。

 

ビタミンB6はアミノ酸の代謝と関係があり、貧血予防、神経障害・異常予防といった効能・効果を期待することができます。

部位に追って、金額、効能・効果も違ってきますので、1つの部位だけを使うのではなく、様々な部位を使った料理をすることで、いろいろな栄養素を吸収することができ、また料理を楽しむことができるでしょう。

 

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。特徴、利用者や口コミによる味や体調、ダイエット効果について”本当”の回答をお知らせします。 また、飲み方や成分、激安はどこなのか ...

2

ダイエット方法はファスティングと呼ばれる断食で、 優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 味はまずいのか?肌荒れやニキビが治る人もいるというが”真実”の口コミはどう ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。     ダイエットを効果的に ...

4

『生漢煎』防風通聖散 「しょうかんせん ぼうふう つうしょうさん」と読みます。 当サイト唯一の医薬品となります。またこの薬は漢方薬でもあります。   「防風通聖散」は市販などでもエキス顆粒、 ...

-食べ物の効能・効果

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.