食べ物の効能・効果

緑黄色野菜のブロッコリーにビタミンCが含まれている?効能・効果

更新日:

ブロッコリー

ブロッコリー(英語: Broccoli、学名:Brassica oleracea var. italica)は、アブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜。花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良され現在の姿になったとされる[1]。和名はメハナヤサイ(芽花野菜、芽花椰菜)、ミドリハナヤサイ(緑花野菜、緑花椰菜)。カリフラワーはブロッコリーの変種である。

wikipediaより

ブロッコリーの各栄養素

項目 食品上位 野菜上位 ブロッコリー
カロリー 308 50 27
炭水化物 37.1 10 4.3
脂質 24.8 1 0.4
たんぱく質 23 5 3.5
コレステロール 230 0 0
カルシウム 150 100 33
鉄分 3.3 1.5 0.7
ビタミンA 330 200 64
ビタミンB1 0.31 0.1 0.06
ビタミンB2 0.4 0.1 0.09
ビタミンB6 0.46 0.15 0.12
ビタミンB12 11.4   0
ビタミンC 47 40 54
ビタミンD 11   0
ビタミンE 3.6 2 1.7
ビタミンK 160 160 150
カリウム 490 400 180
食物繊維 5.3 5 3.7

 

栄養素

ブロッコリーに「多く」含まれている栄養素

ビタミンC、ビタミンK

ブロッコリーに「ある程度」含まれている栄養素

ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、鉄分

 

ブロッコリーの効能・効果と評価レビュー

ブロッコリーに似たものとしてカリフラワーがありますが、カリフラワーは淡色野菜で、ブロッコリーは緑黄色野菜です。

小さいころ親がよくカリフラワーやブロッコリーをボールいっぱいにしてよく食べているのを思い出します。

あまりにおいしそうに食べているので手を出して食べてみると・・「・・」

思ったほどおいしくなくないというか、おいしさはどこにあるのかと・・
それ以来カリフラワーとブロッコリーは嫌いな食べ物として認定されました。

しかし、ブロッコリーは体にいい食べ物であることや時がたって味覚が多少変わったこと、そして料理方法次第ではおいしく食べることができるのでごくたまーに食べています。

 

ビタミンKとビタミンCを多く含んでいるブロッコリーですが、
ビタミンKは骨粗しょう症防止、動脈硬化防止
ビタミンCは酸化防止作用、鉄分吸収の促進

といった効能・効果がありますが、中でもビタミンCを多く含んでいるのでブロッコリーは野菜として注目すべきでしょう。

ビタミンCは体の中で作ることができない栄養素であります。また、ビタミンCが多い野菜を見ると赤ピーマン170、パセリ120。芽キャベツ110、にがうり76、モロヘイヤ65、ブロッコリー54、カリフラワー53となっています。

上位の野菜を見る限り頻繁に食べる機会はそう多くない野菜なので、こういった野菜は積極的メニューに入れるようにするといいでしょう。

ビタミンCを取りたいからと赤ピーマンばかり食べるのもおすすめしません。
バランスよくさまざまな食材を食べることで偏りのない栄養を取ることができますし、いろいろなご飯を食べることは食事の楽しさも違ってきます。

ブロッコリーと似ているカリフラワーですが、こちらはビタミンA、E、Kの含有量があまりないので、似ているからその代わりにカリフラワーを食べてもビタミンA、E、Kの効果・効能については期待することができません。

 

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。特徴、利用者や口コミによる味や体調、ダイエット効果について”本当”の回答をお知らせします。 また、飲み方や成分、激安はどこなのか ...

2

ダイエット方法はファスティングと呼ばれる断食で、 優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 味はまずいのか?肌荒れやニキビが治る人もいるというが”真実”の口コミはどう ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。     ダイエットを効果的に ...

4

『生漢煎』防風通聖散 「しょうかんせん ぼうふう つうしょうさん」と読みます。 当サイト唯一の医薬品となります。またこの薬は漢方薬でもあります。   「防風通聖散」は市販などでもエキス顆粒、 ...

-食べ物の効能・効果

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.