食べ物の効能・効果

健康・ダイエット・神経関係(うつ病等)にいいカツオ(鰹)を食べてみませんか?

更新日:

 カツオ(鰹)

カツオ(鰹、松魚、堅魚、英: skipjack tuna[5]学名 Katsuwonus pelamis )は、スズキ目・サバ科に属する魚の一種。暖海・外洋性の大型肉食魚で、1属1種(カツオ属 Katsuwonus)を構成する。

地方名やマナガツオ・ソウダガツオやハガツオとの判別名としてホンガツオ、マガツオ(各地)コヤツ、ビンゴ(仙台 : 若魚)ヤタ(仙台 : 成魚)サツウ(小名浜)マンダラ(北陸)スジガツオ(和歌山・高知)などがある。

wikipediaより

 

カツオ(鰹)の各栄養素

項目 食品上位 肉・魚上位 かつお 春獲り 秋獲り
カロリー 308 334 114    
炭水化物 37.1 6.4 0.1    
脂質 24.8 24.6 0.5    
たんぱく質 23 25.8 25.8    
コレステロール 230 410   60 58
カルシウム 150 210 11    
鉄分 3.3 4.3 1.9    
ビタミンA 330 330   5 20
ビタミンB1 0.31 0.4 0.13    
ビタミンB2 0.4 0.52 0.17    
ビタミンB6 0.46 0.49 0.76    
ビタミンB12 11.4 16.7 8.4    
ビタミンC 47 6 0    
ビタミンD 11 14 4    
ビタミンE 3.6 3.8   0.3 0.1
ビタミンK 160 17   0 0
カリウム 490 430 430    
食物繊維 5.3 0 0    

 

カツオ(鰹)に”かなり多く”含まれている栄養素

たんぱく質、ビタミンB6

カツオ(鰹)に”多く”含まれている栄養素

カリウム

カツオ(鰹)に”ある程度”含まれている栄養素

鉄分、ビタミンB12

カツオ(鰹)に”多少”含まれている栄養素

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンD

 

カツオ(鰹)の効能・効果と評価レビュー

かつおの旬の時期は3月~11月末までとかなり長い期間が旬なわけですが、
3月は九州
5月は本州(中間辺り)
8月は本州(上の辺り)

といった感じでカツオ(鰹)は移動をしています。

 

春に食べるカツオ(鰹)は初ガツオ
秋に食べるカツオ(鰹)は戻りガツオ
とありますが、あなたはどちらのカツオ(鰹)が好きですか?

管理人の一番好きな魚はぶりですが、あぶらののったカツオ(鰹)はそのぶりに負けていないくらいおいしいです。

食欲の秋と重なる「戻りガツオ」の方が好きな人は多いのでしょうかね。
春のカツオ(鰹)、秋のカツオ(鰹)と違いますが、栄養素については大きな違いはないといえます。

 

カツオ(鰹)はダイエットに最適?

カツオ(鰹)カロリー、脂質、コレステロールの値が低い食べ物だけど、たんぱく質はしっかりあるのでまさにダイエットに向いている食べ物だといえます。

それとですよ、カツオ(鰹)の栄養素はたんぱく質だけではありません。
カツオ(鰹)の栄養素は幅広い上に、それぞれの栄養素がぎゅっとつまっているのでさらにダイエットに向いています。

ただ、普通はダイエットとは関係なくおいしいからカツオ(鰹)を食べる人がほとんどでしょう。

 

カツオ(鰹)の栄養素は何があるの?

カツオ(鰹)といえばビタミンDをイメージする人が多いかもしれませんが、実はビタミンDよりもほかの栄養素がたくさん入っているんです。

最も多いのはビタミンB6です。

 

ビタミンB6の中でランキングを見ると、

1位 レバー牛 0.89
2位 まぐろ:赤身 0.85、脂身0.82
3位 カツオ(鰹) 0.76

と3位に位置するほど多くのビタミンB6を含んでいます。

1位はレバーですが、レバーにはレチノールがたくさん含まれているおり、その数値は基準を相当上回っているので頻繁に食べるわけには行きません。(食べたとしても週1回程度)

となると、2位のまぐろ、3位のカツオ(鰹)が実際はよく食べるビタミンB6の多い食べ物になります。魚は肉と違ってカロリー等低めで栄養も豊富なので健康にもダイエットにもいいです。

 

ビタミンDの摂取を考えるならカツオ(鰹)よりもマグロの方が多いのでまぐろをおすすめしますが、マグロの脂身はカロリー、脂質が多いことから健康・ダイエットに最も向いてるのはまぐろの赤身とカツオ(鰹)ということになります。

両者は栄養も多く健康にも向いているので特におすすめの食べ物となります。

 

カツオ(鰹)はビタミンB6で神経性の異常を予防したり、カリウムによって神経性の調整をするといった効果があります。

つまり神経関係にもってこいの食べ物がこのカツオ(鰹)ということになります。うつ病やうつ病気味の人には効果が期待できる食べ物かもしれません。

もちろん個人差がありますので必ずそういったものが改善されるわけではありません。

 

神経関係のことで管理人自身も少しおかしくなりそうなときがありました。
うつ病になる2歩くらい前にいたかもしれません。

神経関係によさそうなものを偏って食べることはしませんでしたが、野菜や果物、魚などできる限りバランスよく食べていくようにはしました。

ビタミンB6などを多く含んでいる魚を食べていることがよかったのか?
楽しいことをしていたからよかったのか?

実際何が原因でうつ病の2歩前くらいからさっとうつ病が見えなくなりました。

神経関係なのでやはり楽しいことや、こういったものを食べているから大丈夫だということももしかするとよかったのかもしれません。

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。特徴、利用者や口コミによる味や体調、ダイエット効果について”本当”の回答をお知らせします。 また、飲み方や成分、激安はどこなのか ...

2

ダイエット方法はファスティングと呼ばれる断食で、 優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 味はまずいのか?肌荒れやニキビが治る人もいるというが”真実”の口コミはどう ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。     ダイエットを効果的に ...

4

『生漢煎』防風通聖散 「しょうかんせん ぼうふう つうしょうさん」と読みます。 当サイト唯一の医薬品となります。またこの薬は漢方薬でもあります。   「防風通聖散」は市販などでもエキス顆粒、 ...

-食べ物の効能・効果

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.