食べ物の効能・効果

ダイエットにバナナを食べる人は多いけど栄養はあるの?(効能・効果)

更新日:

 バナナ

バナナ(甘蕉、実芭蕉、英: banana [bəˈnænə, bəˈnɑːnə]、学名 Musa spp.)はバショウ科バショウ属のうち、果実を食用とする品種群の総称。また、その果実のこと。いくつかの原種から育種された多年性植物。種によっては熟すまでは毒を持つものもある。

wikipediaより

 

バナナの各栄養素

項目 食品上位 果物上位 バナナ
カロリー 308 56 86
炭水化物 37.1 14 22.5
脂質 24.8 0.2 0.2
たんぱく質 23 0.9 1.1
コレステロール 230 0 0
カルシウム 150 15 6
鉄分 3.3 0.3 0.3
ビタミンA 330 7 5
ビタミンB1 0.31 0.4 0.05
ビタミンB2 0.4 0.3 0.04
ビタミンB6 0.46 0.7 0.38
ビタミンB12 11.4 0 0
ビタミンC 47 25 16
ビタミンD 11 0 0
ビタミンE 3.6 0.5 0.5
ビタミンK 160 0 0
カリウム 490 180 360
食物繊維 5.3 1.5 1.1

 

バナナに”かなり多く”含まれている栄養素

 

バナナに”多く”含まれている栄養素

ビタミンB6、カリウム

バナナに”ある程度”含まれている栄養素

ビタミンC

バナナに”多少”含まれている栄養素

食物繊維

 

バナナの効能・効果と評価レビュー

果物の中で最も口にする機会が多いのはバナナではないでしょうか?

バナナは輸入が多いせいもあって1年中目にする機会も多いですよね。
それになんといっても100円程度で食べることができるのも魅力の1つでしょう。

 

バナナダイエットなるものが流行っていた時期もあったり、今もなお朝ごはんをバナナに置き換えている人もいらっしゃるでしょうが、バナナには栄養価が高い果物です。

朝ごはんを食べることができない人・忙しい人は牛乳とバナナだけでも口にするといいとも言われています。もちろん毎朝そのような食事だけでは栄養が不足してしまうことになるので、それを継続して行うことはお勧めしません。

おすすめなのは朝ごはんにバナナを追加したり、3時のおやつをスナック菓子ではなくバナナにするといいでしょう。

 

バナナに多くの栄養素が含まれているのはビタミンB6です。
果物の中でビタミンB6を最も多く含んでいるいるのがバナナです。

ビタミンB6はあまりお目にかからない栄養素なので、バナナなどを食べてビタミンB6を摂取しておきたいものです。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝に関係する栄養素でもあります。
その効能は様々で、皮膚炎の発症を抑制したり、ヘモグロビンとの関わりもあることから貧血予防にもいいといわれています。

また、貧血と神経性は多少関わりもあったり、またビタミンB6自体が神経物質との合成の働きをするので神経性の異常を抑えてくれたりといった効能・効果があります。

 

バナナにはカリウムも多く含まれているので神経や筋肉関係の調整といった効果もあることから、ビタミンB6との相乗効果によってさらに効果を期待できるとも言われています。

カリウムを多く含んでいることから血圧の調整をしてくれるので血圧が高い人にはいい食べ物であるといえます。

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。特徴、利用者や口コミによる味や体調、ダイエット効果について”本当”の回答をお知らせします。 また、飲み方や成分、激安はどこなのか ...

2

ダイエット方法はファスティングと呼ばれる断食で、 優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 味はまずいのか?肌荒れやニキビが治る人もいるというが”真実”の口コミはどう ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。     ダイエットを効果的に ...

4

『生漢煎』防風通聖散 「しょうかんせん ぼうふう つうしょうさん」と読みます。 当サイト唯一の医薬品となります。またこの薬は漢方薬でもあります。   「防風通聖散」は市販などでもエキス顆粒、 ...

-食べ物の効能・効果

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.