痩せるなら健康的にダイエット!

diet109

体質・体型、年齢別 比較・ランキング

【30代男性・女性のダイエット】成功方法とおすすめサプリメント

更新日:

ダイエットと年代

10代、20代、30代、40代、50代・・と年代は様々ですが、ダイエットなどで検索している一番多い年代はどれだと思いますか?

多い順に並べると、30代、40代、50代、10代、20代という結果になっています。

 

ダイエットで検索している多い年代は「30代

 

メモ

10代や20代の人が少ないというのは意外な結果かもしれませんが、10代や20代はSNSを使う人がかなり多いですね。

 

30代でダイエットをする人

 

20代が過ぎ30代になると仕事にも慣れ少し余裕が出てくるのかの知れません。ただ、人によってはさらに仕事が忙しくなる人もいらっしゃるでしょう。

30代で少し余裕ができてきたとき、ふと自分を見ると体にお肉が・・。

 

20代から30代

20代はまだ仕事が忙しい年代でもありますが、多少は周りに目を向けることができ年代的にも少し余裕が出てくるのが30代でしょう。

そのため、自分の体を見てダイエットについて調べる人が多くなっているのでしょう。

 

ダイエットは年代に関係なく多くの人が取り組みたい1つの課題なのかもしれません。

 

30代のおすすめのダイエット方法とサプリメント

 

それでは最も多く調べられている「30代のダイエット」について見てみましょう。

ダイエットをする場合A、Bタイプに分けて考えます。

 

Aタイプ:ダイエットにある程度時間を使うことができる

Bタイプ:時間はあまりないけどダイエットがしたい

あなたはAタイプですか?それともBタイプですか?

A、Bのタイプ別にダイエット方法や場合によってはサプリメントも紹介しますので参考にしてください。

 

30代・・・運動編

Aタイプ(ダイエットに時間がさける人):運動によるダイエット方法

Aタイプの人は比較的時間があるので有酸素運動であるウォーキングを毎日60分程度することをおすすめします。

有酸素運動は20分以上してから結果が出始めるのが一般的ですので、60分程度の運動をすると効果的にダイエットすることが可能です。

 

30代で運動によるダイエットに60分使える人は、ダイエットサプリを使う必要はありません。

 

ただ、30代の場合は基礎代謝が落ちていますし、肥満体型なほど基礎代謝の低下は大きくなるのが一般的です。

年齢を重ねるほど基礎代謝は低下していきますので活動量を増やすことで脂肪をためにくくするためにも、特に30代後半の方~40歳に近い方(アラフォー)基礎代謝を上げるようにするといいです。

 

30代のダイエットのポイント1

基礎代謝の低下などによる理由から、ダイエット効果が出始めるまでに多少のタイムラグ(1ヶ月程度)がありますが、効果が出始める1ヶ月の間がんばれるかどうかがカギを握っています。

 

Bタイプ(ダイエットにあまり時間がさけない人):運動によるダイエット方法

時間が使えないBタイプの人であってもできる限り毎日30分のウォーキングをおすすめします。

ただ、30分のウォーキングだけですと1ヶ月経っても、ダイエット効果は500グラムの体重が減るくらいです。人によってはまったく効果が出ない人もいらっしゃいます。

そのため、ダイエットサプリメントを使って効果を高める事をおすすめします。

 

30代のダイエットのポイント2

30分毎日ウォーキングをしても体重は500グラムしか減少しません

また、基礎代謝が低下している30代では、ダイエット効果が全く出ないこともあります。

 

 

おすすめのダイエットサプリメント「シボヘール」

新規原稿追加の為

公式サイトはこちら⇒

 

30代後半(アラフォー)の方はダイエット効果が出にくい可能性がありますので、ダイエット効果を高めるために、「朝」のウォーキングをおすすめします。

外気の温度が低いと燃焼年効果が上がるのでそれを利用しようというものです。

運動や体を動かすことで脂肪燃焼サプリの効果をさらに高めることができ、ダイエットを効果的にすることが期待できます。

 

運動をすることで年齢によって減少した基礎代謝を上げることができますし、次第にダイエット効果も得やすくなります。

 

食事の管理(30代後半・アラフォーの方は要注意)

食事によるダイエットをする場合、2つのポイントがあります。

30代から40代はホルモンが減ってくることから働きも減少してしまいます。そのため特に30代後半(アラフォー)の方は食事の際には脂質、コレステロールはとりすぎないように注意をしましょう。

 

30代後半

40代から急激に変わる人が多いですが、中には30代後半でも変わる人がいらっしゃいますので、30代後半は”要注意の年代”でもあります。

①栄養の重要性

単なるカロリーカットでは栄養が不足して結局リバウンドしてしまいます。

そのため、カロリーカットによるダイエットをする場合、栄養が不足しないよう にすることがポイントです。

 

②急なことはしない

急激に体重を落とすようなダイエットは”太りやすい体質”にすることもあり、リバウンドしやすくなるのでおすすめしません。

また、場合によっては以前よりも体重が増えてしまったなんていうこともあります。

 

男性・女性のカロリー摂取の目安

厚生労働省では「生活強度」と呼んでいますが、普段の生活でどのくらい活動しているか?といったことを計算します。

生活強度についてはこちらを参照してください
→「生活強度とは?普段の生活を見直しダイエットを効果的にする方法

 

朝起きて仕事に行き帰って寝るまでの1日の生活の活動量を計算します。

1日どのくらいのカロリーを取ればいいのか?どこまでなら取ってもいいのか?という目安を知っているとダイエットをしていく上でも、健康な状態を維持するためにも知っていると便利な数値です。

 

(30代のカロリー摂取の目安)

 男性は2,300~3,050kcal

 女性は1,750~2,300kcal

上記の幅があるのは活動量が多い人はその分カロリーの摂取の目安も高くなります。

 

以下、女性の平均程度の2,000kcalを基準にして進めていきます。

 

カロリー摂取を半分にした場合

ダイエットをする人は女性の方が多い印象がありますので女性を例にして進めてきます。

毎日2,000kcalを摂取していた場合、ダイエットのためにカロリーの摂取を抑えて1,000kcalにする場合を見てみましょう。

1日の摂取量が急に半分になっていますが、このようなダイエットをする人は多いでしょう。

 

ダイエットで大事なこととして2つありました。

①栄養、②急なことはしないの②に該当しますし、1日の摂取量を半分にしているので栄養も半分になることが考えられます。

 

このようなダイエットをするとどうなるでしょう?

 

ここが大事です。

今後、毎日1,000kcalの食事を続けない限りリバウンドする可能性は高いです。」

 

ダイエットのために食事制限をして体重が減った

いつもどおりの食事に戻したら体重が元に戻った

体重を落としたいともう一度食事制限によるダイエットに挑戦し体重が減った

食事を戻したらいつもの体重に戻った

このように単なる食事制限のダイエットだと、延々と繰り返すことになります。

多くの人が何度もダイエットに取り組むのは単なる食事制限をする人が多いからです。

 

「それじゃダイエットってやっても無駄なのか?」というともちろんそんな事はありません。

栄養を補うような食事制限をし、ゆっくり体重を落とすようなダイエットの場合はリバウンドがしづらいのでおすすめのダイエットです。

早く体重を落としたいからと気持ちは焦ってしまいますが、そこを抑えて少しずつ体重を落とすことが大事です。

 

カロリー摂取を2,000kcalから1,900kcalにした場合

通常の食事は2,000kcalだけどダイエットのために少しだけカロリーを抑えたダイエットです。

1日100kcalのカロリーカットですが、この場合体重を減らすことはなかなかできないでしょう。

100kcalのカロリーカットによる体重減少は14グラムなので、これを1ヶ月続けると400グラムの体重減少が期待できます。

毎日100kcalの摂取カロリーを抑える食事を1ヶ月続けると、体重は400グラム減少することができます。

 

 

カロリーと体重減少

1ヶ月で400グラム程度の体重減少なので

・ダイエットに時間が使えるか?
→Aタイプ、Bタイプで以下説明をします。

・今の体型は?標準体型?メタボ体型?どちらに近いですか?
→メタボ体型の人は少しでもダイエット効果を高めるためにもダイエット食品を使って効率よく第十を落とすことをおすすめします。

しかし、ダイエット食品もただではありませんし、今後のことを考えるといつまでもダイエット食品に依存するのも考えものです。

そこで、一時的にダイエット食品やサプリメントに頼るけど、ダイエットが成功した後はダイエット商品やダイエットサプリメントに頼らないようにしていきましょう。

今までのダイエットのペースを乱さないためにもダイエット食品等への依存度を少しずつ下げていく方法が体系を維持している人が多いです。

 

食事によるダイエット方法・・Aタイプ(ダイエットに時間がさける人)

カロリーカットしても栄養が不足しないように、バランスのよいメニューを考えていきます。

1日単位で考えると大変ですので、週単位でどういったものを食べるのか考えるといいでしょう。週で栄養の帳尻を合わせるイメージを持っていただくといいです。

 

食事の管理をすると手間隙はかかってしまいますが、明らかに太りづらくなります。栄養やカロリーの摂取を考えるだけでもダイエットに貢献しているともいえます。

 

食事によるダイエット方法・・Bタイプ(ダイエットに時間がさけない人)

ダイエットにあまり時間がさけない人ダイエット食品を使って効率よくダイエットすることをおすすめします。

ただし、土日などの休みは時間がある人はその日はダイエット食品に頼らず自分で料理を作って栄養を管理してみましょう。

こういったことが積み重なって、時間がなくても自分で料理を作れるようになります。ダイエット食品を使って体重を減らすことができたころには短い時間でも料理が作れるようになっていることから、今度は体重をキープするためバランスのよい食事を自分で作ることをおすすめします。

Bタイプであても、標準体型の人はダイエット食品を買う必要はありません。

 

 

ダイエット食品を使ってカロリーを抑えたダイエットをする場合、おすすめなのが『置き換えダイエット型』です。

 

 

おすすめの置き換えダイエット食品

 

美容液ダイエットシェイク

美容液ダイエットシェイク

公式サイトはこちら⇒

・カロリーカットはするものの栄養をしっかり補うことができる置き換えダイエットの『美容液ダイエットシェイク』です。

美容液ダイエットシェイクには摂取すべき栄養素がたくさん含まれていますし、ピュアコラーゲンがたっぷりはいっているのでダイエットをしながら美肌効果を得ることができるので女性におすすめです。

 

メモ

知り合いが先日この美容液ダイエットシェイクを購入していて、それをツイッターで「何これ美容効果がすごいんだけど」というつぶやいていました。

・綺麗に健康的にマイペースでダイエットができるのでおすすめです。

・マイペースでダイエットできるのでリバウンドしづらい体質に。

美容液ダイエットシェイクはダイエット成功率、ダイエット効果が最も高い

 

 

ミネラル酵素スムージー

【アサイーベリー味】用

公式サイトはこちら⇒

・月2,000円以下で置き換えダイエットが可能

・コストパフォーマンスはダイエット食品では最高峰

・リニューアルされて無添加となり味が美味しくなりました。

 

 

置き換えダイエット食品が合わない人は下記の「カロリーカット型」のダイエットサプリをおすすめします。

大人のカロリミット

ファンケルの大人のカロリミット

公式サイトはこちら⇒

 

ベジファス

公式サイトはこちら⇒

・食前(食事の最初)にベジファスを食べる(ゼリーなのでつるっと)

・1食100円なので野菜をそろえることを考えると手間が省ける上にダイエット効果を高めることができます。

・ダイエットで重要なのは血糖値、ベジファスは血糖値の上昇を抑えます。

 

体質等からダイエットをする人はこちら
体質・体型、年齢別

 

 

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。 特徴だけでなく口コミによる【本音】のダイエット効果、味、体調面を公開! また、飲み方や成分、激安はamazon?公式なのかとい ...

2

優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 何か信じられない話かもしれませんが、ダイエットはファスティングと呼ばれる断食です。 ダイエットの効果はどうなの? 味はまずい ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。   ダイエットを効果的にする「方法」「 ...

4

目次1 『生漢煎』防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)1.1 商品の特徴1.2 生漢煎防風通聖散の飲み方1.3 生漢煎防風通聖散の成分1.4 こんな人におすすめ1.5 次に当てはまる人 ...

-体質・体型、年齢別, 比較・ランキング

Copyright© diet109 , 2018 All Rights Reserved.