比較・ランキング

【10代・学生のダイエット】方法と効果とおすすめサプリメント

更新日:

「10代・学生の年代」と「それ以外の年代」のダイエット

当サイトでは年代別にダイエット方法を紹介していますが、今回は10代のダイエット方法を紹介します。

インターネットで「ダイエット」などで検索している年代を見ると、
多い順に30代、40代、50代、10代、20代となっています。

 

ただ、10代の人がダイエットに取り組んでいる人が少ないのかというとそれは違います。

10代の人はインターネットを使うもののダイエットと検索する人はそれほどいないのが現実でしょう。しかし、ツイッターや知人などから情報を得たりしてダイエットをしている人が多くなっています。

 

学生と社会人のダイエットの違い

学生の場合は社会人と違ってとにかく「行動力」がある人が多く、じっくり考えるどうするのかを考えるのではなく、行動に移す人が多い印象があります。

もちろんやみくもにダイエットをしているわけではなく、周りの人のダイエットを見ながら、どういったダイエットの方法がいいのかを見極めて、自分に合っていそうなものをダイエットに取り入れている人が多いです。

 

10代・学生のダイエットの状況

SNSでダイエットをしている人を見ると、10代が圧倒的に多く10代だけで半数以上を占めています。

SNSでダイエット仲間を増やして刺激しあいながらがんばっている人が多く、食事制限ダイエットも「若い年代でそこまでやるの?」というくらい徹底的にダイエットに取り組んでいる人も多くいらっしゃいます。

 

ただ、あまり急激にやると成長盛りの年代でもありますので、栄養が不足して成長を止めてしまうことが気になるところではあります。

また、ホルモンバランスの関係も重要で過度なダイエットはこのホルモンの調整を崩してしまい、結果長い時間が必要となる病気になることも考えられます。

ですので、がんばるのは大変すばらしいことですが、「無理なダイエット、がんばりすぎるダイエット」は控えるようにしていただきたいと思います。

 

10代のダイエット方法

10代は他の年代と比べて「基礎代謝」が圧倒的に高いので痩せやすい、ダイエット効果が最も得やすい年代です。

 

代謝は大きく分けると3つに分類することができます。

①何もしていない状態→基礎代謝

②動いている状態→活動代謝

③ものを食べている状態→熱代謝

 

①の基礎代謝は代謝全体の60~70%を占めています。

10代、学生の場合はこの基礎代謝が最も高いので、何もしていなくても本当は太りづらい体質になっています。

学生のころ太らない人でも社会人になると急に太ってしまう原因の1つに、この基礎代謝が大きく影響をしています。

先ほど無理をしすぎないダイエットをしてほしいという理由としては、この基礎代謝が他のどの年代よりも圧倒的に高いので、無理をし過ぎないでもダイエット効果を得やすいからです。

 

また、学生の場合は親が食事の管理をしてくれるのが一般的でしょうから、偏った食事にはなりづらく栄養をバランスよくとることができます。

 

代謝

基礎代謝、活動代謝、熱代謝とどれをとっても代謝の働きがいいのでなおさら太りづらくなっています。

しかし、中には学生や10代の人で太ってしまっているからダイエットがしたいという人、またもう少し痩せたいという人もいらっしゃるでしょう。

年代があがるほどダイエット効果は得られなくなっていく傾向にあるので、ダイエット効果が得やすい今のうちに標準体型にしておくのがいいでしょう。

 

10代・学生におすすめしないダイエット方法

・置き換えダイエット

・極端なカロリーカット

・酵素を使った断食(ファスティング)ダイエット

3つともすべて食事に関するものばかりですね。

10代、学生の場合は最初に言いましたが、育ち盛りなのもあり、食事をする場合はきちんと食べることをおすすめします。

栄養はしっかりとる!これが10代・学生のダイエットの基本軸です。

 

そもそも痩せやすい状況にあるので食事で過度なダイエットをする必要性が乏しいからです。

太ってしまっている人で、その原因が食べすぎによるものの場合は、量を減らすというよりは「正しい量・適量」を食べるようにしましょう。

ただ、メタボや肥満などの場合は、今の体重の3~5%程度の体重を落とすのが健康的にもいいので、食事も多少抑えるほうがいいでしょう。

 

食事の管理をしないでどうやって痩せるの?

「食事は適正な量をきちんととる」

そうするとダイエットをして体重を減らすには他の方法をとるしかないです。

食事以外のダイエットをするといったら「運動」ですね。

 

10代、学生の場合は運動・体を動かしてダイエットをしていきましょう。

他の年代と比較して基礎代謝が高いのでダイエット効果は高い傾向にあります。

そのためダイエットは比較的効果を得やすいのでしやすいといえます。

 

ただ、標準体型よりも痩せようとする場合は少し話しが違います。

育ち盛りの年代なので標準体型よりも体重を落とすことはおすすめしませんが、標準体型といってもお肉がお腹に結構ついているなど実は意外と違います。

ですので、お肉を落とすためにダイエットをするのはいいでしょう。

 

絞るダイエットをおすすめします。

若い年代のうちは、肌を露出しても抵抗があまりない人もいらっしゃるでしょう。

スカートなども短いほうがかわいく見えたりするので、「足痩せ」「太もも痩せ」は気になるところでしょう。

 

そのためこの年代のポイントは「お腹痩せ」「足痩せ」「太もも痩せ」となります。

同じ体重でも体型が違って見えたりすることはありますが、そういった経験はありませんか?

Aさんと同じ体重なのにAさんの方がスタイルがいいように見えるのはなぜ・・?

腹筋は体重を減らすダイエットには向いていませんが、体を絞って見せる、見た目を変えてスリムに見せることができます。

見た目といいましたが、実際にウエスト周りは細くなります。

これがいわゆる「絞るダイエット」です。

 

・体重などの脂肪を落とすためにはウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動をする。

・見た目を変える場合は、腹筋などの「絞るダイエット」をする。

 

メモ

足痩せ、太もも痩せなどのグッズなどの口コミを見ると体重が全然減らないじゃないか!

というのを見ますが、そういったグッズは体重減少ではなく「絞る」ことを目的としています。

これはエステなども絞るダイエットに近いと言えます。

 

10代、学生におすすめのダイエット商品

この年代の人はダイエット商品を買う必要性はそれほどないといえるでしょう。

 

運動はウォーキングをする、ジョギングをする

食事はカロリーカットをしないで適量を食べる

お腹痩せは腹筋・スクワットをする

 

ダイエット商品を使うと効果が高くなる可能性はありますが、若い年代は基礎代謝が高いので使わなくても大丈夫でしょう。

また、育ち盛りの年代の方にはダイエット食品やダイエットサプリを飲むのはおすすめしません。

ただ、どうしても効果を早く出したい人には「シボヘール」をおすすめします。

運動の脂肪燃焼効果を高める「シボヘール」

新規原稿追加の為

公式サイトはこちら⇒

シボヘールは運動をすることで脂肪を燃焼する効果を高めるので、体重減少とともに体全体の脂肪に効果がありますので、お腹、足、太もも痩せが期待できます。

 

 

体を絞る「ボニック」

ボニック

公式サイトはこちら⇒

小顔効果や足痩せ、太もも痩せには「ボニック」がおすすめではありますが、最安いは20,000円弱するので、学生の場合は相当高い金額ですのでおすすめしません。

買えば必ず絞ることができるとは限りませんし、利用者や口コミなどではびりびり痛いという意見も多くあります。

こういった刺激に強い人でお金にある程度余裕がある人にはおすすめします。

 

 

 

 

おすすめ商品

1

当サイトで最もおすすめのダイエット食品『美容液ダイエットシェイク』です。 特徴だけでなく口コミによる【本音】のダイエット効果、味、体調面を公開! また、飲み方や成分、激安はamazon?公式なのかとい ...

2

優光泉(ゆうこうせん)を利用して3日間で3kg減量する人が多くてびっくり。 何か信じられない話かもしれませんが、ダイエットはファスティングと呼ばれる断食です。 ダイエットの効果はどうなの? 味はまずい ...

3

    お試し500円で利用できる【シボヘール】 大好評のお試し500円企画は終了しましたが、定期の初回価格は980円とお得です。   ダイエットを効果的にする「方法」「 ...

4

目次1 『生漢煎』防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)1.1 商品の特徴1.2 生漢煎防風通聖散の飲み方1.3 生漢煎防風通聖散の成分1.4 こんな人におすすめ1.5 次に当てはまる人 ...

-比較・ランキング

Copyright© ダイエット(diet)109 方法と効果(食事と運動とサプリ) , 2018 All Rights Reserved.